多様な薬とグラス

マイクロライド系抗生物質製剤で有名なジスロマックは処方箋薬として厚生労働大臣の承認を得ています。
日本では2000年6月から販売されています。
感染症の治療に使われています。

細菌に感染すると腫れや発赤が生じます。
悪化すると化膿して痛みや発熱などの症状が見られます。
これは細菌に抵抗する免疫機能の働きによるものです。
でも人体にとっては耐え難い反応です。

ジスロマックは感染の原因となってる細菌を殺菌する働きがあります。
製造販売しているメーカーの添付文書には皮膚の感染症やリンパ関連、咽頭や気管支、尿道や子宮頸管、歯周などの炎症に適応できると記載されています。
効果が強いことで有名で服用回数が少なくて済むことが特徴です。
飲み忘れなどがないためしっかりと殺菌効果を持続させることができます。
しかし、服用回数が少なくて済むからといって油断してはいけません。
ジスロマックは細菌が死滅するまでしっかり飲むことが大切です。

処方医薬品は医師が処方箋を出して提供されるものです。
体調や体重、治療歴などから適当な投与量を決める必要があるため、医師の診断が必要になります。
医薬品はある症状に効果があると同時に望まない作用、いわゆる副作用もあります。

特に服用方法を守らないと副作用の方が強く発現するおそれもあります。
ジスロマックは強い医薬品で一回の服用で組織内の有効濃度が7日間や10日間続きます。
適応される部位によって異なりますが、数日間は効果が持続します。
なので、いっぱい飲めば早く効くなどと言う間違った考え方で服用すると異常な濃度になり悪影響です。
重大な副作用として皮膚が壊死してしまうことや肝炎などの肝機能障害が予想されます。

また、全く違う症状の病気に対してジスロマックを服用していても意味がありません。
実際に自己判断でジスロマックを服用していたが実はジスロマックが効かない「ヘルペス」という性病だったという人もいます。

自己判断は危険で無意味なので決してしないようにしましょう。
通販サイトでジスロマックを買うことも出来ますが、以前から使用歴がある方以外にはあまり推奨できません。
バルトレックスはヘルペスの治療薬として有名で、ヘルペスになってしまった場合は、ジスロマックではなくバルトレックスが処方されます。

正しい服用量を守っていないとせっかく良くなるものも別の障害を負うことになります。
自己判断による服用は危険なので絶対に避けましょう。

アーカイブ
人気記事一覧